カテゴリー「ネットワークプレイヤー関連」の16件の記事

ソニーのブルーレイ。

ブルーレイ考。前回の記事に書いたとおりテレビは松下製なので、レコーダーも同社製を選んでビエラリンクでつなぐのが定石かと思うんですが、永ちゃんにそそのかされて、つい、ソニーのブレーレイを買ってしまいました。

BDZ-A70 BDZ-A70

といってもブルーレイがお目当てというよりは、デジタル放送を録画していると、今まで使っていたシャープのDV-HRD3だと13~18時間くらいしか録画できなかったので、この時間を長くするのが目的です。毎週頑張って消化していかないと、すぐ容量が足りなくなるんですよね。。。

今回の買い換えでHDD容量が160GB→320GBと倍増したことに加え、圧縮効率の高い「MPEG-4 AVC/H.264」でエンコーダして保存することができるので、さらに録画時間がアップ!どのへんのビットレートが使えるかは今後少しずつ試してみてからの評価になりますが、『標準画質』でも70時間くらい録画できちゃいます。

あとは、チューナーが2つ載っているレコーダーも初体験だったりするので、今から大晦日が楽しみです^^;

---
ブルーレイレコーダー購入  ←イマココ

おでかけ転送用にウォークマン(またはPSP?)を購入

Bluetoothヘッドホンにしてみる

ついでなので携帯もBluetooth対応に買い換えてみる

PS3のメディアプレイヤー機能を試す

■DLNA

内蔵ハードディスクの容量にも限界があるので、まずはDLNAクライアント機能の利用を検討。実はそのために某社製のNASを事前にゲッツしておいたのだ!

が、このNASのひどいこと。。。数年も前に買ったLinkStationと比べても激しく速度が遅い上に、そのうち管理画面にもファイルにもアクセスできなくなってしまう始末。

■USB接続

仕方なく試したUSB接続ハードディスクでの動作は、至極快適。音楽も写真も動画も普通に再生。ちゃんと自分で作ったディレクトリ構成でアクセスできるし、何よりデジカメ写真をハイビジョンで見られるのは嬉しい限り。WiiよりもうちのVAIOちゃんよりもだいぶ高解像度なので。

ただ一つ残念なのは、古いザクティで撮ったファイルや、wmvが再生できないこと。ま、数はそんなに無いので変換しておきますかね。

あと、操作のレスポンスがいいのもPS3ならでは。最新ゲームも処理するCPUに加えて、リモコン(コントローラー)もBluetoothなのが要因なのかなぁ。

というようにUSB経由はなかなか満足なことが分かったので、前述のNASは修理から返ってきたら、中身を抜いてUSB接続用のボックス(カラーはぜひ白で!)に入れちゃおう。

■ブルーレイ

Blu-rayはオマケで付いてきたスパイダーマン3をちょっと見てみたけど、素晴らしく綺麗。これを見るともうDVDなんて買えませんな。そのうちロッキー・ザ・ファイナルあたりを買ってみよう。逆襲のシャアも考えよう。

XBOX360でも音楽や動画は再生できるけど、数千円の差でBD再生できるのは大きなメリット。いずれはTV録画もパナかソニーのBDレコーダーにしたいと思っているので(DLNAサーバー機能付きならなお良いねぇ)。

■SACD

最後に、メディアプレイヤーとして新型PS3はSACD非対応という弱点があります。ここをゆずれない方は旧型を、割り切れる方は新型を選ぶのがいいのかも。新型は販売価格が安いというだけでなく、省電力なのでランニングコストも低めのはず!

---

こんな感じで、ゲーム無しで、AV機器としてだけでもかなり満足。PSシリーズはPSもPS2も好きになれなかったけど、今回はいいお友達になれそうです(^-^)/

設置の図 Wiiとの相性もバッチリ

LinkStationダウングレード

2年半稼働し続けたLAN接続ハードディスクが、ふと気づいたらお亡くなりになっていました。電源をON-OFFするとDIAGランプが6回点滅という現象で、マニュアルによると原因はハードディスク異常とのこと。確かに、分解して取り出したディスクを直にPCにつなげても、全くの無反応。。。残念ながらデータの救出は不可能でした。幸い、主な用途はPC内のデータのバックアップなので大きな問題では無いのですが、この先のバックアップ先は確保しないと夜も不安で眠れません^^;

HDD 中身

ということでまず、USB接続のポータブルハードディスクを衝動購入。耐衝撃ボディ、40GB、USB2.0、USBバスパワー対応という製品が、ロジテック直販サイトで7980円でした。

次に、ディスクを抜かれて寂しそうなLinkStationに、余っていた60GBのディスクを入れてみました。元々は160GBだったので、なんと100GBものダウングレード。。。なお、作業の時に参考になったのはLinkStation/玄箱(くろばこ)をハックしようというサイトのBBSです。お世話になりましたm(_ _)m

HDDをWin2Kでパーティション削除(フォーマットなどは行わず)
LinkStationに取り付ける
付属CDの簡単セットアップ-LinkStationセットアップを実行し認識させる
ファームアップデート
失敗したとのメッセージが表示されるので、アップデートを数度繰り返す

無事換装作業が終わってみて思ったこと。ポータブルハードディスクは買わなくて良かったのでは???>俺

LinkTheaterとLinkStation(その3)

LinkPlayer+LinkStation+wizdでは、

・ファイル名が30バイト以上のファイルが1つでもある場合
・ディレクトリ名もしくはファイル名に「-」が含まれている場合

というファイルがあるとallplayできないという制限があったことは過去に書きましたが、今回のLinkTheater+LinkStationではどうなんでしょうか...という疑問も、マニュアルにある一文で氷塊。

pcmp2000f.jpg

ということらしいです。つまり、「-」を含むファイル問題については共通の制限ということですね。

で、もう一方のファイル名の長さの問題は?というと、こちらはマニュアルには何も書いてないので、早速実験してみたところ、問題なく再生できました!LinkTheaterとLinkPlayerの中身は同じものと仮定すると、これは自分が使ったバージョンのwizdの制限だったのかもしれません(あくまで推測です)。ともかく、ここで明確なのは、頑張ってファイル名を短くしたあの作業は無駄だったということです_| ̄|○

LinkTheaterとLinkStation(その2)

LinkTheater、LinkStation連携の設定は、他と同様にLinkStationの設定ページから行います。といってもそんなに設定項目は無く、設定するといってもフォルダを指定するくらいでしょう。

pcmp2000e.jpg

ただここで注意が必要なのが、「アクセス制限が設定された共有フォルダをメディアフォルダとして設定することはできません。」ということです。LinkTheaterで操作する際にパスワードを求める「メディアフォルダパスワード」という項目もあることはあるのですが、その際でもPCからのアクセスには制限がありません。つまり、LinkTheaterで参照するフォルダは完全には隠すことができない、ということになります。この辺り、気にする人は気にするところかもしれません。

LinkTheaterとLinkStation

だいぶ間が開いてしまいましたが、まずはこのLinkTheaterを買った目的である、LinkStationとの連携について書いてみます。

pcmp2000b.jpg

LinkTheaterにはCDが1枚付いてくるのですが、この中にはWindows PCにインストールするサーバーソフトと、LinkStationをサーバー化するファームウェアが入っています。自分の場合は、前者には見向きもせず、後者のみを速攻インストール!!(ファーム更新)とっても簡単な作業で、数分後にはPC不要の音楽再生環境が構築されました。前回のLinkPlayerでも同様の環境を味わってはいるのですが、改めて快適さを痛感しているところであります。

で、操作中の画面はこんな感じ。一目見て、分かる人には分かるでしょう。

pcmp2000c.jpg pcmp2000d.jpg
サーバー選択 ファイル選択

そう、LinkPlayerやらMediaWizと一緒なんですよね~。

となると気になるのが、今回のファームアップしたLinkStationと、LinkPlayerやMediaWizの組み合わせでも動作してしまうのかどうか。動作したからといって何かする訳ではないのですが、なんとなく気になります...人として。

LinkTheater購入

前回記事に書いたメルコの「LinkTheater PC-MP2000/DVD」ですが、実はその直後、某ドットコムで購入ボタンを押して、また、IO-DATAのLinkPlayerはというと、某オークションで出品しちゃっておりました。そして昨日、待望の商品が到着しました!

pcmp2000.jpg

さっそく設置したわけですが、見た目の印象としてはLinkPlayerよりしっかりとしてる感じです。ネットワーク経由での再生中でも、しっかりと時間が表示されるところからして違います。

pcmp2000a.jpg

とはいえ、重要なのは中身の方。そちらについてはこれから少しずつチェックして行こうと思っていますが、気になっているのはこんな項目。

・ドライブの読み取り性能 (LinkPlayerはシビアだった...)
・Link Stationとの連携 (LinkPlayerの場合はLinuxBox化が必要だった)
・静粛性 (LinkPlayerは静かだった!)

はたして!?

LinkTheater

ついにメルコが純正対応!!
LinkStationにインストールできるソフトも標準添付のネットワークメディアプレイヤー「LinkTheater PC-MP2000/DVD」が2月中旬に発売されます。
これで、分解してLinuxBox化なんて手間も要らなくなり、初心者にも安心ですね。って、俺もLinkPlayer処分して買おうかな・・・プログレッシブ出力も、音声デジタル出力ももちろん対応だし。

ちなみに、LinkStationはHシリーズHGシリーズのみ対応らしい。無印の人はご注意を。

魔法のwizd

LinkPlayerではネットワーク経由でMP3を再生しよう、と(仕方なく)決めたので、LinkStationをLinux Box化してwizdをありがたくインストール。ファイル名も文字化けしないし、もちろん音飛びもしない。wizd最高!

といいたいところだけど、1つ問題が。それは連続再生(allplay)がうまくいかないディレクトリがあること。ファイルをコピーしたりリネームしながら試してみると、こんなディレクトリは不可みたい。

・ファイル名が30バイト以上のファイルが1つでもある場合
・ディレクトリ名もしくはファイル名に「-」が含まれている場合

他にも条件はあるかもしれませんが、自分のMP3達の中ではこんな感じでした。はたして、LinkPlayerが悪いのか、LinkStationが悪いのか、wizdが悪いのか、俺が悪いのか...また来年考えることにしよう。

MP3 on DVD-R

さて、LinkStationはさておきLinkPlayerの方ですが(ややこしい名前だ)、まず最初に試したのはDVD-Rに焼いたMP3の再生です。む、ファイル名が文字化けしてるけど音楽聞くのが目的なわけだし、まいいか。と、一歩譲ったにもかかわらず、音飛びしやがる!結構泣けます。

ちなみに、DVD-Rメディアはイメーション製。あやしげな台湾製とかではありません。ドライブはIO製のDVR-ABP4、ソフトはドライブ添付のB's Recorder GOLD5 BASICを使っております。

ということで、とりあえずMP3はネットワーク経由に切り替えるよう更に譲歩。ただし!普通のDVD-VIDEOがコマ落ちしたりするようなら話は別。そのうち確認しないとな。

より以前の記事一覧

Amazon PR




無料ブログはココログ