カテゴリー「パソコン・インターネット」の18件の記事

VAIO type CにWindows 7を入れた

発売前に予約して購入していたWindows 7。年末の休みを利用してようやくインストールしました。

マイPCは2007年1月に購入したVAIO type C (VGN-C90S)なのですが、こちらのサイトによると、Windows 7をインストールするにあたってソニーからのドライバー提供は無い模様。。。

しかし情報だけは提供されるということでWindows 7情報のページを見てみると、1点、気になる情報が。

Bluetoothのご利用について(2009/11/10)

Windows 7にアップグレード後、Bluetooth機能使用時に以下の制限事項が確認されています。

Hands-Free Profileが利用できない
機器のペアリングが行えない
スタンバイ復帰後にエラーが表示される
機器のペアリング後、音声が出力されない

こんな情報で、私はどうすればいいんでしょうか(T_T)
今使っているBluetoothマウスはどうなるんでしょうか???


と泣いてても仕方がないので、「Bluetooth Stack for Windows by Toshiba」をアンインストールしてから、Windows 7をインストールしてみたところ、Windows 7は標準でBluetoothをサポートしているらしく、ペアリングだけしたら問題なくマウス使用できました!!

なお、実は最初、上記Toshiba製ソフトの新バージョンを探したのですが、他社製のPCでは30日間?しか利用できないみたいでした。。。

さて、Vistaより評判のいい7ですが、どうかなー。楽しみだなー^^

ノートPCのHDDをSSDに換装してみる

先日、家族が使っていた2003年物LavieMのハードディスクが死亡しましたので、4年前にCD-Rドライブを換装したのに引き続き、今回はハードディスク換装の巻です。

それに合わせ、常日頃からPCが遅いとの報告を受けていたので、ちょっと値は張るのですが流行のSSDにしてみました。今後自分のマシンもSSD化するための実験、ということは内緒です^^;

で、今時IDEはなかなか選択肢が少なく、最終的にチョイスしたのはTranscend 32GB SSD 2.5インチ IDE MLC TS32GSSD25-M。動画や写真を保存しないなら十分の容量です。

TS32GSSD25-M

換装は、例によって先人の知恵にお世話になりました。有り難いことです。
Keita's Page - NEC LaVie M LM500/5D ハードディスク換装手順

開腹の図

SSDのメリットは何と言っても速くて静かなこと。静かな方はお伝えしにくいのですが、まあかなり静かです。速いという方はHDBENCHのベンチマーク結果を晒しておきましょうかね。といってもハードディスクはすでに死亡しておりますので、ThinkPadに入っていたうるさくて20GBのディスクとの比較です。

◆Before
Read 11987、Write 9372、FileCopy 1445

◆After
Read 74581、Write 40553、FileCopy 8231

値の通り、とにかく遅かったOSとIEの起動がだいぶ速くなり、快適になったようです。めでたしめでたし。

ちなみに、死亡したディスクは前回同様に破壊して、新たにバックアップ用として外付け1TBのハードディスクHD-HES1.0TU2も買ったりしてみました。これでたっぷり動画もPS3で見られるぜい!

Eee PC 4G-Xをセットアップしてみた

先日電撃購入したEee PC 4G-X。落ち着いてスペックを眺めてみると、

  • 小さくて軽い 920g
  • その分、画面も小さい 800x480
  • メモリは512MBと、XPを普通に使うなら十分
  • ハードディスクに代わるSSDの容量が4GBしか無い
  • SDHC 4GB付属
  • マウスも付属

と、何と言ってもSSDの容量が4GBしか無いのが最大の特長であり弱点かと。でもまあ、ブラウザくらいしか使わないなら何とかなる?のかな?

何はともあれ、せっかく買ってしまったPCをベッドサイドのネット端末として活用すべく、色々設定してみました。

セットアップ中

  1. 不要なアプリやファイルを削除しつつ、Windows Update実行(SP3もインストール)
  2. SDHCからブートできるので、Acronis True Imageでバックアップ(実際にリカバリできるか試してませんが。。。)
  3. avast! 4IE8ベータ2cococを入れてみた
  4. SSDの空き容量を確保するため、仮想メモリをOFFに
  5. 仮想メモリをOFFにするにはメモリ512MBでは心許ないので、1GBに増設(上海問屋で激安1,999円!)
  6. ERAMでRAMディスクを250MB確保し、TEMPフォルダとインターネット一時フォルダをここに設定

EeePCのカスタマイズはみなさん頑張っているらしく、先人の知恵(こちらこちらなどなど)が大いに役立ちました。感謝!

この時点でSSDの空き容量は1GBくらい。動作速度も特に不満無し。画面がもう一声広ければと思わないこともないけど、まあ、値段を考えると十分かな。DELLや東芝、富士通などが続々と同種のPCを出してくるみたいですが、見ないようにします!

Internet Explorer 8 お試し環境

先日公開されたIE8ベータ2をさわってみたいけど、メインマシンには入れたくない。仕方がないのでXPでも1本買ってこようかなぁと思ってお出かけしたら、

EeePC 4G-X

なぜかノートPC「ASUS EeePC 4G-X」を手に提げての帰宅となりました。

だって、OEM版のXPが12,000円くらいで、XPインストール済みのこいつが37,800円+13%ポイント還元なら、XP単体で買うのが馬鹿らしくなってしまって。。。

一応、モスで昼飯食べながら30分くらい悩んだのですが、PCのスペックも店頭でちょっと見ただけという、超衝動買いでした。

ま、買ってしまったからにはちゃんと活用していきましょう!(つづく予定)

無線LAN環境も更新してみた WZR-AGL300NH

引っ越しを機会にPCの環境を無線化しようということで、無線LANルーターを新しくしてみました。

その際の要件は、

  1. 今まで使っていた11gが、Bluetoothや電子レンジの影響を受けているような気がしてならなかったので、11b/gと11aが同時利用できること
  2. WEPはセキュリティが低いけどDS用に必要なので、WEPとそれ以外とで通信をブロックできること参考

それ以外に実は一番大事なのが、(その中でも)なるべく安いこと^^;

調査してみるとこれらを満たす製品はかなり限られていて、候補は2つ。

・コレガ CG-WLBARAGND
・バッファロー WZR-AGL300NH

で、先代のバッファローも使っていて特に不満が無かったのと、ちょっとだけ安かったので、あっさりバッファローを選択です^^

WZR-AGL300NH

導入の際、色々自動で設定してくれるAOSSを初体験。つないだのはマイPCとゲーム機。楽々だねぇ。なお、AOSS非対応のPCはこちらを参考に設定。

ということで、特に通信速度が速くなった訳でもなく、セキュリティも目に見える効果があるわけでもないという、気分的にだけ満足な環境構築が終了しました。ま、旧ルーターは、いまだにフレッツ接続ツールでつないでいる家庭で活躍する予定なので、それはそれで良かったことにしておきます。以上。

MISSION 「ハードディスクを破壊せよ」

以前、LinkStationが壊れて摘出されたハードディスク。いつか記録面をちゃんと傷付けてから捨てようと思っていたまま早1年。。。先日、ようやく手を付けてみました。

その際購入したのが、ANEX 精密へクスローブ・ドライバーセットというもの。ネジが見たことのない星形で、普通のプラスとかマイナスじゃなかったので、困って長い間放置してたんですよね。。。

このセット、サイズはT3-T4-T5-T6-T7-T8に対応してます。

実際に分解する際も、このうち何種類かにお世話になりました。


ハードディスク表面の説明書き(?)に隠れていたネジ。


分解完了の図。

ネジとドライバーのサイズがぴったりと合うと、すいすい分解できちゃいました。無事ディスクを取り出し、ちゃんと傷も付けて廃棄完了。MISSION COMPLETE!!

あと、実は1年どころではなく、4~5年くらい前から廃棄に困っていたThinkPadに入っていた2.5インチのハードディスクも、今回無事廃棄できました。ディスクをペンチでひねってみたら、パリッと割れて部屋に破片が散乱するというハプニングはありましたが^^;

これでいつまたハードディスクが壊れても大丈夫!

USB曲げ

以前、「ReadyBoostとBluetoothと」の記事に書いたとおり、うちのVAIOちゃんは右側面にしかUSBポートがなくて、ケーブルを差すとマウス操作にとても邪魔という悪辣なPCなので、たまりかねてこんな製品を買ってきました。

USBコネクタを曲がるコネクタに変えるアダプタ
AD-3DUSB8

常時差しておくのは抵抗がありますが、まあ何とか。

メモリ喰いVistaに屈するの巻

前回前々回と2回にわたってReadyBoost導入の検討を行ってきましたが、結局メモリを1GBから2GBに増設するという根本的な方法に落ち着きました。

それなら最初から2GBにカスタマイズして買えよというつっこみもありそうですが、実は後から増設した方がお得です。

SonyStyleでのメモリ1GBと2GBの差額は(自分が買った時点で)なんと4万円。1GBメモリ2本をAmazonで買うとポイント等も考慮に入れて3万円弱。元々のメモリが余ってもったいないような気もしますが、まあそれはそれとして。

増設作業は5分で終了。底の蓋をプラスドライバー開けるとメモリが2枚重なるように刺さっていますので、これを抜いて新しいものに差し替えるだけです。

開腹の図 開腹の図

それにしても、Vistaもメモリ2GBになると快適ですねぇ。Aeroでウィンドウを透明にしても、サイドバーガジェットを表示してても全然ストレスを感じません。今までは、こんなクソ重いガジェットなんて使うわけ無いじゃん!と思っていたのに、なんか試しに作ってみたくなってきました^^;

これでハード投資はひと段落かな?

VAIO本体 → 19万円
Bluetoothマウス → 8,500円
増設メモリ → 3万円
---
合計 → 約23万円
(SonyStyleから5000円クーポンが来てたので、それは忘れずに使わないと。。。)

まあこんなもんかなぁという感じなので、あとはタイマーが発動しないで長持ちしてくれればいいですね。お願いします!

ReadyBoost再び

まだまだReadyBoostについて。

USBポートは物理的な理由で使いたくないなぁと思っていたら、どうやらExpressCardスロットでもいける製品があるらしい。

また、ソニーが基本的に好き。さんによると、VAIOには付き物のメモリースティックスロットでもOKとのこと。

じゃあどちらがいいんだろうねぇ。。。


選択肢が増えた分、悩みも増えてしまったので、とりあえず手持ちの512MBメモリースティックPROを挿して、HDBENCH 3.30で速度計測してみました。

ExpressCard
ExpressCardスロット - カードアダプタ
Read Write Copy
8414 1708 613

メモリースティックPRO
メモリースティックPROスロット
Read Write Copy
6054 4264 596

カードアダプタを経由しているので何ともいえませんが、とにかく微妙です。。。もうちょっと検討かなぁ。

↓購入候補
SONY Hi-SpeedメモリースティックPROデュオ 1GB 2GB
ハギワラシスコム ExpressCardFlashメモリ 1GB 2GB


現在は、ハギワラシスコムのExpressCardメモリは公式にReadyBoost対応をうたっているので、安心度の面で1歩リード!

VAIOがキター! でも・・・

Windows Vistaの発売当日、VAIOがキター!

Vaio_face VAIO type C

さりげなくBluetoothマウスも買ってたりします^^;

ということで1週間ほど使ってますが、先の記事にも書いたとおり右側にしかUSBポートが無いのに加え、同じく右側に廃熱がぶわーっと出てくるのがかなり気になります。夏になったらマウス持つ手が暑そうだ。。。

 このPCを設計した人は左利き?

 普段はタッチパッドしか使ってない?

 それとも何も考えてないだけ?

 ドッキングステーションを売るためにわざと!?

あと、Vistaがメモリ食いまくりなのも気になりますが、こちらは徐々にチューンアップしていこうと思います。

Amazon PR




無料ブログはココログ