« 流されて一眼 撮影編2 | トップページ | キン肉マンのサウンドロップ »

ノートPCのHDDをSSDに換装してみる

先日、家族が使っていた2003年物LavieMのハードディスクが死亡しましたので、4年前にCD-Rドライブを換装したのに引き続き、今回はハードディスク換装の巻です。

それに合わせ、常日頃からPCが遅いとの報告を受けていたので、ちょっと値は張るのですが流行のSSDにしてみました。今後自分のマシンもSSD化するための実験、ということは内緒です^^;

で、今時IDEはなかなか選択肢が少なく、最終的にチョイスしたのはTranscend 32GB SSD 2.5インチ IDE MLC TS32GSSD25-M。動画や写真を保存しないなら十分の容量です。

TS32GSSD25-M

換装は、例によって先人の知恵にお世話になりました。有り難いことです。
Keita's Page - NEC LaVie M LM500/5D ハードディスク換装手順

開腹の図

SSDのメリットは何と言っても速くて静かなこと。静かな方はお伝えしにくいのですが、まあかなり静かです。速いという方はHDBENCHのベンチマーク結果を晒しておきましょうかね。といってもハードディスクはすでに死亡しておりますので、ThinkPadに入っていたうるさくて20GBのディスクとの比較です。

◆Before
Read 11987、Write 9372、FileCopy 1445

◆After
Read 74581、Write 40553、FileCopy 8231

値の通り、とにかく遅かったOSとIEの起動がだいぶ速くなり、快適になったようです。めでたしめでたし。

ちなみに、死亡したディスクは前回同様に破壊して、新たにバックアップ用として外付け1TBのハードディスクHD-HES1.0TU2も買ったりしてみました。これでたっぷり動画もPS3で見られるぜい!

« 流されて一眼 撮影編2 | トップページ | キン肉マンのサウンドロップ »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460/45265756

この記事へのトラックバック一覧です: ノートPCのHDDをSSDに換装してみる:

« 流されて一眼 撮影編2 | トップページ | キン肉マンのサウンドロップ »

Amazon PR




無料ブログはココログ