« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

京ぽん2を買ってみた

もう先々月になりますが、サブ携帯として使っていたウィルコム端末をWX310Kに変えてみました。変えるにあたっては下記3つの機能に期待していた訳ですが。。。

W310k Bluetooth兄弟

【1】Bluetoothで楽々長電話
PHSは元々音質がいいということもあって、Bluetooth経由だと音質が落ちるみたい(ヘッドセット側が悪いのかもしれませんが)。なので、結局は有線のイヤフォンマイクを使っています。

【2】内蔵Operaで定額インターネット
通勤時間が短いこともあって、初代 京ぽんと同様、使う機会があまりありませんでした。

【3】SonicStageから転送して音楽プレイヤー
低音の効きがいまいち。当たり前だけどネットワークウォークマンの方が軽くて高性能で操作性も良いです。あと電池の持ちも。

という感じで、買ってから2ヶ月くらいは頑張って活用しようとしていましたが、現在はウィルコム定額端末として家でお留守番の日々です。

LinkStationダウングレード

2年半稼働し続けたLAN接続ハードディスクが、ふと気づいたらお亡くなりになっていました。電源をON-OFFするとDIAGランプが6回点滅という現象で、マニュアルによると原因はハードディスク異常とのこと。確かに、分解して取り出したディスクを直にPCにつなげても、全くの無反応。。。残念ながらデータの救出は不可能でした。幸い、主な用途はPC内のデータのバックアップなので大きな問題では無いのですが、この先のバックアップ先は確保しないと夜も不安で眠れません^^;

HDD 中身

ということでまず、USB接続のポータブルハードディスクを衝動購入。耐衝撃ボディ、40GB、USB2.0、USBバスパワー対応という製品が、ロジテック直販サイトで7980円でした。

次に、ディスクを抜かれて寂しそうなLinkStationに、余っていた60GBのディスクを入れてみました。元々は160GBだったので、なんと100GBものダウングレード。。。なお、作業の時に参考になったのはLinkStation/玄箱(くろばこ)をハックしようというサイトのBBSです。お世話になりましたm(_ _)m

HDDをWin2Kでパーティション削除(フォーマットなどは行わず)
LinkStationに取り付ける
付属CDの簡単セットアップ-LinkStationセットアップを実行し認識させる
ファームアップデート
失敗したとのメッセージが表示されるので、アップデートを数度繰り返す

無事換装作業が終わってみて思ったこと。ポータブルハードディスクは買わなくて良かったのでは???>俺

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

Amazon PR




無料ブログはココログ