« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »

LinkTheaterとLinkStation(その3)

LinkPlayer+LinkStation+wizdでは、

・ファイル名が30バイト以上のファイルが1つでもある場合
・ディレクトリ名もしくはファイル名に「-」が含まれている場合

というファイルがあるとallplayできないという制限があったことは過去に書きましたが、今回のLinkTheater+LinkStationではどうなんでしょうか...という疑問も、マニュアルにある一文で氷塊。

pcmp2000f.jpg

ということらしいです。つまり、「-」を含むファイル問題については共通の制限ということですね。

で、もう一方のファイル名の長さの問題は?というと、こちらはマニュアルには何も書いてないので、早速実験してみたところ、問題なく再生できました!LinkTheaterとLinkPlayerの中身は同じものと仮定すると、これは自分が使ったバージョンのwizdの制限だったのかもしれません(あくまで推測です)。ともかく、ここで明確なのは、頑張ってファイル名を短くしたあの作業は無駄だったということです_| ̄|○

LinkTheaterとLinkStation(その2)

LinkTheater、LinkStation連携の設定は、他と同様にLinkStationの設定ページから行います。といってもそんなに設定項目は無く、設定するといってもフォルダを指定するくらいでしょう。

pcmp2000e.jpg

ただここで注意が必要なのが、「アクセス制限が設定された共有フォルダをメディアフォルダとして設定することはできません。」ということです。LinkTheaterで操作する際にパスワードを求める「メディアフォルダパスワード」という項目もあることはあるのですが、その際でもPCからのアクセスには制限がありません。つまり、LinkTheaterで参照するフォルダは完全には隠すことができない、ということになります。この辺り、気にする人は気にするところかもしれません。

LinkTheaterとLinkStation

だいぶ間が開いてしまいましたが、まずはこのLinkTheaterを買った目的である、LinkStationとの連携について書いてみます。

pcmp2000b.jpg

LinkTheaterにはCDが1枚付いてくるのですが、この中にはWindows PCにインストールするサーバーソフトと、LinkStationをサーバー化するファームウェアが入っています。自分の場合は、前者には見向きもせず、後者のみを速攻インストール!!(ファーム更新)とっても簡単な作業で、数分後にはPC不要の音楽再生環境が構築されました。前回のLinkPlayerでも同様の環境を味わってはいるのですが、改めて快適さを痛感しているところであります。

で、操作中の画面はこんな感じ。一目見て、分かる人には分かるでしょう。

pcmp2000c.jpg pcmp2000d.jpg
サーバー選択 ファイル選択

そう、LinkPlayerやらMediaWizと一緒なんですよね~。

となると気になるのが、今回のファームアップしたLinkStationと、LinkPlayerやMediaWizの組み合わせでも動作してしまうのかどうか。動作したからといって何かする訳ではないのですが、なんとなく気になります...人として。

LinkTheater購入

前回記事に書いたメルコの「LinkTheater PC-MP2000/DVD」ですが、実はその直後、某ドットコムで購入ボタンを押して、また、IO-DATAのLinkPlayerはというと、某オークションで出品しちゃっておりました。そして昨日、待望の商品が到着しました!

pcmp2000.jpg

さっそく設置したわけですが、見た目の印象としてはLinkPlayerよりしっかりとしてる感じです。ネットワーク経由での再生中でも、しっかりと時間が表示されるところからして違います。

pcmp2000a.jpg

とはいえ、重要なのは中身の方。そちらについてはこれから少しずつチェックして行こうと思っていますが、気になっているのはこんな項目。

・ドライブの読み取り性能 (LinkPlayerはシビアだった...)
・Link Stationとの連携 (LinkPlayerの場合はLinuxBox化が必要だった)
・静粛性 (LinkPlayerは静かだった!)

はたして!?

LinkTheater

ついにメルコが純正対応!!
LinkStationにインストールできるソフトも標準添付のネットワークメディアプレイヤー「LinkTheater PC-MP2000/DVD」が2月中旬に発売されます。
これで、分解してLinuxBox化なんて手間も要らなくなり、初心者にも安心ですね。って、俺もLinkPlayer処分して買おうかな・・・プログレッシブ出力も、音声デジタル出力ももちろん対応だし。

ちなみに、LinkStationはHシリーズHGシリーズのみ対応らしい。無印の人はご注意を。

学習機能付きリモコン

本日の戦利品(の1つ)は、ビクター製の学習機能付きリモコン「RM-A1500」です。購入の決め手は、全ボタン学習可なところと、電池が切れても設定が残っているところ。あと、どのボタンに何の機能を割り当てたか後から分からなくなるということが学習リモコンにはありがちですが、液晶に機能名を表示させられるのでその心配はありません。学習の操作も、液晶があるので分かりやすいです。

a1500.jpg

帰宅後、早速自宅のリモコンを学習させまくり。おかげで机の上にあったリモコン4つ(スカパー!アンプHDDレコーダーLinkPlayer)が撤去されました。送信パワーも大きめっぽいので、反応が悪かったLinkPlayerの操作もばっちり!

« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »

Amazon PR




無料ブログはココログ