« 2001年4月 | トップページ | 2003年10月 »

MSI MS-6215

●ニューPCを組み立てる

 2月のある日、いきなりニューPCの組立を決行した。その際の希望する機能は以下の通りである。

MP3環境 高速、安定にCDからの取り込み。音声出力はAVアンプへ。
TV出力 メインマシンとして使うつもりはなく、必要な時に画面が確認できればいい程度なので。
でかい17インチCRTモニタを排除したい。→BIOS画面の出力は必須!
小型化 テレビにつなぐ関係から、設置はテレビラック内としたい。
ネットワーク ノートPCとのデータ交換に必要。将来のADSL化にも。
そこそこの性能 旧PCのPentiumIII 750MHz、FSB133MHz、ATA100は生かしたい。
ビデオキャプチャ せっかくなら常時起動しておいて、外からビデオ予約できるようにしたい。
静粛性 常時起動を考えるなら、静かなのが望ましい。

 こんな感じなのだが、そのうちのTV出力、小型、815Eチップセット搭載という3項目を満たしていたこのベアボーンキットを購入した。

販売元:MSIコンピュータ・ジャパン株式会社
製品名:ベアボーン「MS-6215」
購入価格:31,200円/2001年2月

●気になるスペックは

 まず、スペックを紹介しておこうということで、MSIのページからそのままコピーしてきた表を以下に示す。

マザーボード MS-6351
CPU Socket 370 Intel(R) Pentium(R) III, Celeron(TM)
チップセット Intel(R) 815E
ビデオ GMCHに統合, 4MB SDRAMディスプレイキャッシュ
オーディオ ICH2に統合
ネットワーク ICH2に統合、 Intel(R) 82562EM LAN PHY
デバイスベイ 1 x 5.25 inch, 1 x 3.5 inch, 1 x 3.5 inch (内部)
スロット 2 PCI
前面パネル 電源スイッチ, 電源LED, HDD LED, ネットワークメッセージ, 2 USB, マイク入力, スピーカ出力, 外部入力, F-IR(赤外線)
背面パネル 2 PS/2, LAN, スピーカ出力, パラレル, シリアル, VGA, 2 USB, 2 IEEE1394, TV出力 (S/AV Conn.)
形状 LPX
サイズ 300(幅) x 320(奥行き) x 78(高さ) mm
電源 90W (110 - 240VAC)
その他 D-LED(TM) (システム診断LED)
PC Alert(TM) III (システム監視ツール)
ケース開閉センサー

 以上だが、TV出力以外にも、IEEE1394、赤外線、フルサイズのPCIを2本搭載と、小型PCにしてはかなり高機能であることが分かるかと思う。これにPCカードスロットでも付けば鬼に金棒だが、そこまでは望むまい。

前面:
電源スイッチ
FD(3.5inchベイ)、CD-RW(5inchベイ)
赤外線、オーディオ
USB×2
背面:
シリアルポート、パラレルポート
LANポート、PS/2×2、USB×2、IEEE1394×2
TV出力、VGA出力、オーディオ
PCIスロット×2

●さあ組み立てよう

 箱を開けると、メインのケース、電源コード、マニュアル類、縦置きスタンドに加え、CPUファンが現れる。CPUファンが付属しているのは非常に珍しいのだが、これは、このベアボーンの構成上、普通の背の高さのファンが入らないため、低めのファンが付属しているのである。なお、キーボードやマウス、FDD、CD-ROMドライブは付属していないので、別途用意する必要がある。

開封後出てきたもの

 いよいよ組み立てだが、経験者ならかなりあっさりと終わってしまうはず。というのも、ケースとマザーは初めからつながっているので、あとは、CPU→CPUファン→メモリ→CD-ROMドライブ→FDD→HDDという順序でつなげていくだけだからである。中が狭い分だけ、各パーツの位置も考える余地無しといった感じ。

組立後の中身
左上のスペースは後にPCIカードで埋まることになる

 中身が終わったら後はご自由に、キーボード、マウス、ディスプレイをつなげましょう。ちなみに自分は、いきなり、S端子をテレビにつないじゃいました。これでも問題ありません。

●評価

 基本的には◎の製品だと思います。特に、TV出力機能がグッドです。気になる点は、出力サウンドがしょぼいのと、いまいちファンの音がうるさいのと。サウンドについては、おそらく、オンボードのサウンド機能全般に言える問題だと思われますので、PCIのサウンドカードであっさりと解決しましょう。フルサイズPCIが使えるのが、ここで役立つわけです。ファンの音については、これからなんとかします。

●静音化の野望

 カバーを開けてよく聞いてみると、一番の騒音の元は付属のCPUファンのような気がしました。ということで、このファンを静かな物に換える策を検討中。ただ、ファンが背の高いものになると、HDDとぶつかってしまうので、(1)FDDを外してそこにHDDを移設、(2)CD-ROMドライブを外してそこに(どうせならSMARTDRIVEに入れた)HDDを移設、いずれかの選択を迫られることになります。(3)HDDを外付けにする、という手もありますが、さすがにそれは却下です。んー、悩みますな。ちなみに、静かなファンも探しているところ。情報求む!


 数日前、MS-6215が動作しなくなってしまいました。故障と思われるので修理に出します。戻ってきたらCPUファンの静音化に着手する予定です。可変抵抗をかますのが第一候補かな?(2001.8.4追記)


 修理に出す前にもう一度チェックしてみたら、なぜか動くようになりました。これで修理に出さなくて済みます。ただ、パーツの動作確認用に別のPCを組み立ててしまったので、MS-6215はしばらく冬眠です。(2001.8.7追記)

« 2001年4月 | トップページ | 2003年10月 »

Amazon PR




無料ブログはココログ