« アクトンテクノロジィ SMC7004BR | トップページ | MSI MS-6215 »

SONY NW-E5

●小ささを求めるなら

 音楽をPCで管理するのは面倒だなぁとは思うんだけど、MDウォークマンの小型化には限界があり、どう考えてもメモリータイプよりは小さくならない。そんな事をなんとなく考えていた頃、ソニーからネットワークウォークマンの限定版が発表された。うーん、これでも買ってみるか。

販売元:ソニーマーケティング株式会社
製品名:ネットワークウォークマン「NW-E5」
購入価格:39,800円/2000年12月

●比較的かっこいいボディ

 まずデザインについて。”比較的かっこいい”と書いたけど、それは他のMP3ウォークマンと比べてのこと。他はちょっとひどすぎだと思うんだけど、なんで売れてるのかなぁ。Rioなんか特に。で、うたい文句にもあるように、ボディは上質なクロームメッキ仕上げ。はじめは、なんかピカピカ安っぽいなぁと思っていたんだけど、使っているうちに悪くないかもと考えを改めた。傷、汚れが付きにくい感じがいいね。
 サイズは100円ライターを二回りほど大きくしたくらいで、重量は45グラム。将来的にはもっと小さく、軽くなってほしいけど、現時点としてはこれくらいで文句無し。

見た目はこんな感じ。
かっこいい?

 次は使い勝手について。液晶は曲名を表示するには充分の大きさ。英数字はもちろん、漢字、カタカナも当たり前に表示できる。ここは日本ですからね。操作系はボタン6つに加え、曲間移動のためのツマミ、HOLDのスイッチ。ツマミの真ん中に再生、停止のボタンがある。特に不満は無し。

このツマミで、
再生・停止・次曲・前曲が
操作できる

 再生時間は、単4型乾電池1本で約5時間、もしくは、単4型ニッケル水素充電池で約4時間。なにしろボディのサイズが極小なので、これ以上は難しいのでしょう。で、頻繁に電池を取り替えることになるわけなんだけど、ここで謎が1つ。電池を取り替えると、なぜ再生していた曲やPLAYMODEを忘れちゃうんでしょうか?(素早く取り替えると大丈夫のような気もするけど・・・)

●OpenMGに振り回される

 PC側には、OpenMG Jukeboxという専用のソフトが用意されている。Windows2000にも対応しているのが嬉しい。ネットワークウォークマンはATRAC3という圧縮方式にしか対応していないので、このソフトで音楽CDから取り込むか、WAVかMP3を変換して取り込むことになる。MP3は直接再生できないので、これが嫌な人にはおすすめできない。という俺も嫌でたまらないんだけど・・・
 なぜ嫌なのかを説明するには、このOpenMGの仕組みを説明する必要があるんだけど、面倒なので省略して、不満点のみを挙げてみる。ATRAC3に変換したデータは、それを変換した以外のPCにコピーできない。また、同PCの別フォルダにもコピー、移動できない。そのPCのドライブ構成が変わったりしてもダメらしい。バックアップはできるんだけど、非常に面倒。トラブルも有り。ここまで気を使って管理しなくちゃダメなんて信じられません。ということでA型の俺は、ファイル管理は全部MP3で行って、ネットワークウォークマンに入れる曲だけATRAC3に変換しています。
 それにしてもソニーは、このOpenMG方式の機器と、MP3をそのまま再生できる機器の両方を発売していて、方針が定まっていない。世界のソニーもいい加減なもんだ。

OpenMG Jukebox 2.0

●イヤフォンをバージョンアップ

 音楽機器なので、重要なのは音質。OpenMGJukeboxではビットレートを3段階で選択できて、俺は真ん中の105kbpsというのを使っている。もう1個上にしてもいいんだけど、聴き比べても違いが分からないもので。というか、松・竹・梅ってあったら、なんとなく竹を選んじゃうでしょ?それだけ。

ビットレート 最大録音時間
132kbps 約90分
105kbps 約120分
66kbps 約180分

 そんなことよりも、聴いて明らかに音質が向上したと分かる工夫は、付属のイヤフォンを捨てるということ。つまりは別のに換えると。俺自身はソニーのMDR-E847SPという2,500円くらいのを使っていて、そんなに高級なものではないんだけど、それでも聴き比べるとはっきりとした違いが分かる。プレイヤーはどんどん買い換えていっても、どうせ付属のイヤフォンは安物だろうから、自分で満足のいく一つを用意しておくというのが賢い消費者でしょう。PCは買い換えても、ディスプレイやキーボードは前のを使い続けるのと一緒の感覚。最高級モデルのこれなんかいかが?

●評価

 OpenMGに不満があって何度も処分しようかと思ったんだけど、結局はそのまま使い続けている。理由は、買い換えにはお金がかかるのと、それ以上に買い換えたいと思わせるようなプレイヤーがどこからも出てこない、というなんとも消極的なもの。どうせ買うなら、新しいCLIEなんかも出てきたし、後々の広がりを考えてメモリースティック対応の方が良かったかもと、ちょっと後悔しています。とはいえ、MDに比べると劇的に小さくなって、毎日使っていることも確かなんですが。

« アクトンテクノロジィ SMC7004BR | トップページ | MSI MS-6215 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460/685724

この記事へのトラックバック一覧です: SONY NW-E5:

« アクトンテクノロジィ SMC7004BR | トップページ | MSI MS-6215 »

Amazon PR




無料ブログはココログ