« ヨドバシカメラ お年玉箱 (1999年版) | トップページ | SONY NW-E5 »

アクトンテクノロジィ SMC7004BR

●ハブが欲しかっただけなのに

 自宅のPCが2台体制となり、さらにもう1台追加する計画があったため、LANを組むことにした。そのために必要なのはハブ。できれば、10BASE-Tと100BASE-TXが共存できるスイッチングハブ。値段を調べてみると、5ポートで4000円~6000円くらいが相場らしい。結構高いんだなぁと思って、ふと横を見るとブロードバンドルータが。箱には「ADSL、CATV対応」と、うらやましいことが書いてある。急に、今は使わなくても、将来のためにはこっちのほうがいいのかもという気がしてきた。こちらの相場は16000円~20000円くらい。差額は10000円弱。投資額としてはちょっと大きい。どうしよう。
 店頭、ウェブを見ては悩んでいたある日、すばらしい製品を発見!それは、もちろんADSL対応で、なおかつ、シリアルポートにモデムやTAをつなぐと、ダイヤルアップルータ代わりに利用できる!おまけに、プリントサーバー機能まで搭載という、なんでもありの製品だ。購入決定。

販売元:アクトンテクノジィ株式会社
製品名:broadDirect「SMC7004BR」
購入価格:15,800円/2001年4月

●これがネットワーク機器だ

 箱の中にはルータ本体の他、LANケーブル、電源アダプタ、インストールCD-ROM、マニュアルなどが入っている。ルータは、たくさんの機能がつまっているわりには大きくないサイズ、外装はスチール、いかにもネットワーク機器という感じの落ち着いたデザイン。そこそこの重量で、安定感もありそうだ。

開封したところ

 もう少し外観を説明ということで、どのようなポートがあるのか写真を載せておく。

前面:
LANポート(LAN側)×4・・・当初の目的であった4ポートハブ
背面:
パラレルポート×1・・・USBプリンタはつなげません
LANポート(WAN側)×1
シリアルポート×1・・・ここにダイヤルアップするモデム・TAをつなぐ

●スマートに設置

 まずは機器の接続から。シリアルポートにTA子機「AtermRS-20」を接続。LANポートにはPCを接続。電源も接続し、スイッチオン!オレンジとグリーンのLEDがピカピカ光っている。マニュアルによると、正常に動作している最中はずっと点滅&点灯しているらしい。点灯はともかく、点滅はちょっと気になるかも。

設置したところ
(この写真は最終的なものなので、LAN線が2本つながっています)

●インターネットにつながった!

 次にルータの設定を行う。設定は今流行りにブラウザで行うので、まずはルータが見えるようにPC側のTCP/IPを設定する必要がある。ルータはデフォルトで、IPアドレス「192.168.123.254」、サブネット「255.255.255.0」になっているので、PC側では以下のように設定を行う。SMC7004BRにはDHCPサーバーの機能もあるのでそれを使う方法もあるのだが、ここでは固定IPを割り振ることにする。

IPアドレス 192.168.123.1
サブネットマスク 255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ 192.168.123.254
DNSサーバー 192.168.123.254

 これでブラウザを開いて「192.168.123.254」と打つと、システム状態画面が表示される。管理者用のパスワードを入力してログインすると色々設定は出来るようなのだが、とりあえず必要なのは、DHCPサーバーを無効にするのと、WANの設定をダイヤルアップネットワークにすること。あとは、ダイヤルアップ先の電話番号、ユーザー名、パスワード、必要ならDNSアドレスを設定する。こんな感じ。

 これで設定は完了!接続も成功!ホームページも見られるし、メールもできます。

●その後いろいろ

 とりあえず最低限のことはできるようになったので、もう1台のPCも接続。あと、パラレルポートにEPSONのプリンタ「PM-670C」をつないで、印刷できることも確認。プリンタを使うには、論理ポートを追加するためのドライバをインストールする必要がある。単純なIPプリンタとしては使えないみたい。あまり期待していた機能ではないけど、冷静に考えると、パラレルが無いPCでも印刷できるし、ノートPCなど普段はプリンタをつないでいない場合でもLANさえつなげば印刷できる。便利だねぇ。
 最後に、買う前から1つ疑問だったことについて。それは、モデム・TAの設定はどうするのかということ。今回は何もしていないのにつながったので詳しくは調べてないけど、ログを確認すると、どうやら、「ATE0V1」というコマンドを発行しているみたい。で、他にコマンドが必要な場合には追加も可能。DOS時代を思い出すよ。

●評価

 現在は、ここまでに書いたようにシリアルポートにTAを接続し、ダイヤルアップルータとして使用中。TAとDSUを内蔵していない分だけ安く、ブロードバンドルータとして使える将来性もあり、いい買い物だったと断言できます。個人的には、奇をてらわず設置しやすい形のデザインがお気に入り。

« ヨドバシカメラ お年玉箱 (1999年版) | トップページ | SONY NW-E5 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

アクトンテクノロジィ SMC7004BR のドライバーを探しております。
メーカサイトがクローズしているみたいで情報がありません。
ドライバー及びサイト情報等のお持ちの方ご連絡ください。
特にプリントサーバを使用したいのです。

 fkmail@snet.ne.jp

この機種はもう処分してしまったので、ドライバーなども持ち合わせていません。。。すみません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1460/685763

この記事へのトラックバック一覧です: アクトンテクノロジィ SMC7004BR:

« ヨドバシカメラ お年玉箱 (1999年版) | トップページ | SONY NW-E5 »

Amazon PR




無料ブログはココログ